沖潤子

Junko Oki

PROFILE

沖潤子Junko Oki

沖潤子は、生命の痕跡を刻み込む作業として布に針目を重ねた作品を制作しています。下絵を描く事なしに直接布に刺されてゆく独自の文様は、単純な技法でありながら「刺繍」という認識を裏切り、観る者の根源的な感覚を目覚めさせます。空間自体をも作りあげる沖の彫刻作品は、テキスタイル、そしてアートの領域を拡張させるかのようです。
1963年浦和市生まれ。現在は鎌倉市を拠点に制作しています。主な個展にブリュッセルのOffice Baroqueでの「Truly Indispensable」(2019)、「JUNKO OKI」(2017)、「第11回shiseido art egg 沖潤子展」(2017)が、主なグループ展に金沢21世紀美術館「コレクション展1 Nous ぬう」などがあります。2014年には、自身の撮影による作品集「PUNK」(文藝春秋)を刊行しました。また作品は金沢21世紀美術館に収蔵されています。

WORKS

  • 月と蛹 03

    2017

  • 月と蛹 04

    2017

  • 月と蛹 08

    2017

  • 月と蛹 05

    2017

  • 蜜と意味 02

    2018

  • 蜜と意味 06

    2018

  • 蜜と意味 03

    2018

  • 蜜と意味 04

    2018

  • 蜜と意味 07

    2018

MORE

INSTALLATION VIEW

BIOGRAPHY

1963
埼玉県生まれ
1988
セツモードセミナー卒業

CV

個展
2021
「よびつぎ」KOSAKU KANECHIKA、東京
2020
「刺繍の理り」KOSAKU KANECHIKA、東京
「anthology」山口県立萩美術館・浦上記念館、山口
2019
「Truly Indispensable」Office Baroque、ブリュッセル、ベルギー
2018
「蜜と意味」KOSAKU KANECHIKA、東京

MORE

2017
「月と蛹」資生堂ギャラリー、東京
「JUNKO OKI」Office Baroque、ブリュッセル、ベルギー
2016
「gris gris」DEE'S HALL、東京
2015
「PUNK」DEE'S HALL、東京 / MORIS、兵庫 / 森岡書店銀座店、東京
2014
「赤」DEE'S HALL、東京
2013
「是々非々」shima、愛知
「culte a la mode」DEE'S HALL、東京
「culte a la carte」COW BOOKS、東京
「刺青」Gallery B、神奈川
2012
「異邦人」DEE'S HALL、東京
2011
「poesy」森岡書店、東京 / COW BOOKS、東京 / shima、愛知(2011–2012)
「糧」DEE'S HALL、東京
2009
「祈り」ギャラリーフェブ、東京
「Recycle」ARTS & SCIENCE 青山、東京
グループ展
2019
「現在地:未来の地図を描くために[2]」金沢21世紀美術館、石川
2018
「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018」 文翔館、山形
2017
「沖潤子|安野谷昌穂」KOSAKU KANECHIKA、東京
2016
「コレクション展1 Nous ぬう」金沢21世紀美術館、石川
「finding Ling-Ling’s head」cookie butcher、アントワープ、ベルギー
「8 femmes」Office Baroque、ブリュッセル、ベルギー
パブリックコレクション

金沢21世紀美術館

受賞歴
2017
第11回 shiseido art egg、shiseido art egg賞

EXHIBITIONS

「よびつぎ」

2021/6/5 Sat - 2021/7/10 Sat

「刺繍の理り」

2020/7/18 Sat - 8/22 Sat

「蜜と意味」

2018/6/9 Sat - 7/21 Sat

「沖潤子|安野谷昌穂」

2017/9/2 Sat - 10/7 Sat