EXHIBITION

青木豊

「INTO THE AIR」

2020/3/7 Sat - 4/11 Sat

KOSAKU KANECHIKAでは、2020年3月7日(土)より、ギャラリーのサブスペースにて青木豊展「INTO THE AIR」を開催いたします。

 

二度ない場面、その瞬間の光を描く。
光に暴かれた色、色によって明確になるかたち。
そして、かたちから光の所在を追いかける。
たえず連続するこの動きを一瞬留めたい。

 

光というものへのアプローチを軸に、絵画の可能性を探求し続ける青木豊。二次元と三次元を自由に行き来するような作品や、素材の物質性や制作方法自体、そして目線の動きが互いにどう反応しあうかについて意識的な作品などを制作してきました。昨年KOSAKU KANECHIKAで開催した個展「Today’s」では、それまでの探求で得られた要素をそれぞれ1点ずつに凝縮させたような作品を発表。作家にとってひとつの区切り、転機となるような展覧会となりました。

本展は、それ以降に彼が取り組んできた挑戦の方向性を示唆する内容となります。冒頭のステイトメントが示すように、本展で展示される作品では、刻々と変わる絵画の豊かな表情 – 相互に関係性をもつ光、色、かたち、物質的側面、そして精神性などの様々な要素 – を一瞬のうちにとどめ、その充溢を描くことを試みました。小さめのサイズで描かれることで、切り取られたそれらの瞬間は、より間近に、インティメイトに、そしてより表情豊かに見えるようです。

クローズアップされた細部、その風景を再発見するような作業。それは作家自身にとっても新鮮であり、実験と新たな発見のプロセスであったことが、作品を目の前にすると分かります。ダイナミックな筆致とストロークの痕跡が光を拾い、そしてそのボリュームは光に暴かれる。絵画にはまだまだできることがあるということ、そして絵画を見ることにもまだまだ未知の部分があることを、青木の作品は語っているように思えます。本展では約18点の新作絵画を発表します。この機会に是非ご高覧下さい。

 



展覧会概要

展覧会名
青木豊「INTO THE AIR」

展覧会会期
2020年3月7日(土) − 4月11日(土)
3月7日(土) 18:00 − 20:00 オープニングレセプション

開廊時間
11:00 - 18:00(火・水・木・土)
11:00 - 20:00(金)
日・月・祝は休廊

会場
KOSAKU KANECHIKA
〒140-0002
東京都品川区東品川1-33-10
TERRADA Art Complex 5F
03-6712-3346
kosakukanechika.com

入場無料




青木豊(あおき ゆたか)

1985年熊本県生まれ、現在は東京を拠点に制作しています。2008年に東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻を卒業、2010年同大学院造形研究科美術専攻領域修了。主な個展に「multiprime」(hiromiyoshii、2011)、「外の部屋、中の庭」(熊本市現代美術館、2012)、「Mouvements | ムーブマン」(Sprout Curation、2014)、主なグループ展に「絵画の在りか」(東京オペラシティ アートギャラリー、2014)、「VOCA展」(上野の森美術館、2016)、「熊本市現代美術館コレクション展 形が変わることで見えるもの(見えないもの)」(熊本市現代美術館、2016)などがあります。作品は熊本市現代美術館、高橋コレクションにパブリックコレクションとして収蔵されています。KOSAKU KANECHIKAでは2017年、2019年に続き、第3回目の個展になります。

WORKS

  • Untitled, 2020

  • Untitled, 2020

  • Untitled, 2020

  • Untitled, 2020

  • Untitled, 2020

  • Untitled, 2020

  • Untitled, 2020

  • Untitled, 2020

  • Untitled, 2020

MORE

INSTALLATION VIEW